カミル・セッツェリン 感想(KLAP!!・4)

2020.11.08 12:21|KLAP!! ~Kind Love And Punish~
カミルのENDを見ました。

ブログの横にプレイ中ゲームと最近プレイしたゲームの画像を
ゲームメーターが無くなって以降Amazonのアフェリを利用して入れてましたが
先月末でHMTL仕様使えなくなったのね…何度もTOPに戻るのでビビったわ💦
取り急ぎブクログを使って画像上げていますが、今後どうなるのかしら…。

PSストアも先月末でVita&PS3のソフト購入などはPCから出来なくなる云々で
「Vita本体からはソフト購入出来るのなら」…と安心していましたが
昨日見てみたら「ソフト購入がとりあえず出来るだけ」ってのがアリアリで
開店休業状態ってこういうことなのねーって💦…PSPページが廃止される直前の
閑散とした見てても不安しかわかない場所になってますので
もしVitaオンリーで発売されてるソフトがあった場合は早めに対応した方がいいかも。
まぁ、何年も前に本体の生産が終了してるコンテンツだから
仕方ないと言えばそうなんだけど。

…てことで、カミル雑感。


・カミル=セッツェリン
二次元では英雄だが三次元ではマターリテンションの不思議ちゃん。
明治の頃に東欧からやってきた吸血鬼の王子さま。

オオカミニンギョw の2人から頼まれて恋人コンテストに出た時に
初対面からヒロインを「好き」だったみたいなことを彼が言ったのと
ヒロインが「恋愛として好き」なのかどうかを問うて首傾げてたので
この子、幼いままなんだなーとその後の展開は見えてしまったんだけれどもw 
第二次性徴=吸血行為と捉え、それのみで展開を押していったことで
自分の思いだけで押し切ろうとする幼い初恋が相手のことをよく考えることで
お互いの気持ちを尊重できるようになる愛情に変化していくさまも
じっくり描かれていたし、今までの√で先生業を放り投げてたw ヒロインも
生徒との恋愛で悩むシーンにワンクッション挟むことが出来たり
他の生徒たちと教師として絡むシーンが増えて1番先生の描写があったと思ったw

カミルの言動が全盛期の頃の次長課長イノーエさんを彷彿とさせて
(ゲームに全精力を傾けすぎ睡眠と食事を削った結果、栄養失調で2度入院したツワモノで
素はたどたどしいひらがな喋りで言動は異端だが本人は普通だと思っている)
ほら、イノーエさんちゃんと恋愛対象になれるじゃん、と思ったりw
ヒロイン恋しさのあまり外まで追いかけたものの日影がなくなって身動き取れない
「カミル存亡の危機」イベントは笑ったし、放っておけないわなこの子満載だった。
彼がこの先ブレることはないだろうから、振り回されるのはヒロインばかりだろうけどw

日向センセイは本当に人間なの?って思いは残ったままだけどw
どのシーンもキャラの心情がよくわかって今のところ1番面白かった。
声的には1番楽しみだった√でもあったけど、また違った良平くんボイスと出会えました。

どの√も異種間恋愛だから、寿命云々の問題もあるんだろうけど
ワタシはなろう小説のライトユーザーなのでw
「褥と共にしていればお互いの何かしらが交じり合って、結果人間種も長命になる」
って認識でいたりするので、先行きを不安に感じたりしないんですよね…。
カミルとの恋愛はヒロインの両親とのEp.も出て、切ない気分にもなったけれど
ちゃんと両親を見送ってから、吸血鬼になればいいようにも思ったわ。
300年子供のままいられた彼だから50年くらいちゃんと待っててくれるだろうしね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

最新記事

最新コメント

ただいまプレイちう。

最近やったゲーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR