アルノー 感想(幻想マネージュ・3)

2020.10.17 23:19|幻想マネージュ
アルノーのENDを見ました。

健康診断で内診の先生にキツく諭されたために、医者に通うことになりましたが
結局コレステロール値の異常は体質ってことに落ち着き現在投薬治療中です…。
(善玉も悪玉もどちらも数値越えてるのが食事療法だけで治まらなかったため)
乳製品ダメ、糖質脂質もダメ(スイーツだけが楽しみのワタシが…)で
どうしても…って時以外抜きで3ヶ月過ごしてきてコレですわ…。
(今まで特に出なかったのは史跡巡りでめっちゃ歩いていたからだと思われる)
…でも、どうしてもちょっと食べたくなってオペラ買って食べたら
まぁ、これが甘くて美味しいこと(甘さ控えめのモノだったんですけど)
寒暖差が激しくて、耳の付けねにしこり出来て痛かったり(目からだそう)
毎度お馴染みの頭痛や何やらで体も気分も重かったのが、少し上向きになりました。

さて、『幻想マネージュ』ですが。
パケ絵とか見て18、19世紀風キラキラファンタジーモノと思わせつつ
「ハーメルン」や「魔女狩り」のような中世ヨーロッパ的なモノも散りばめ
ムラ思想や偏見など誰しも持つ人の悪意とかも含ませた黒い部分もある作品でした。
あと、どのENDも切な哀しい面をも持ち合わせているという。
本当に50、60年代のミュージカル映画を思わせる、異色作だと思います。
クリア後に声優さんのフリートークがあったり、オマケEp.も付いてたりするのも
PS2時代の乙女ゲームのオマージュだったのかもしれませんね。
あと、統一されていたらもっとよかったんだけどw
言葉使いの「ら」抜きが半分くらいなくて、文章はとても丁寧でした。
もしかしたら、ここも意識されていた部分かもしれませんね。
文字使い統一されてたらもっとよかったんだけど(2度言ってみました)

他のキャラがどういう展開なのか知りたい気もあるんだけど
ヒロインはメインヒーローと結ばれるのがいいな、って認識が
おそらくこれからも拭えないだろうなーと思ったので一旦終了します。

以下、アルノー雑感。


・アルノー
家族のいないヒロインを引き取って育てている幼馴染一家の兄貴分。
実は7年前の事件のきっかけとなった人物でもある。ヒロインが好きw

7年前ヒロインに振り向いてほしくて軍人の父親に相談したら
悪巧みした父親に利用されヒロインの全てを失わせる結果になる。
魔女の力を欲しがる父親の命令に従ってはいるが…みたいな。

フランス陸軍=悪にしていいのか?とは思ったけれどもw
遊園地の遊具の資材供給にしても(戦時中ならまだしも)
自国民の殺人や誘拐や拷問や人体実験なる非人道的な行為を
彼のオヤジ1人に背負わさなくてもいいだろうとは思った(戦時中でもあるまいし)
その行為の理由が「自国民を守るため」って、守ってないじゃんww
何も知らないまま「凶悪犯の妻」になった母親が可哀想じゃん。
しかも「自分の息子」が告発者なんだよ?
ぶっちゃけ、もう1人挟んで父親の罪を軽くした方が
彼に対してのイメージもよくなったんじゃなかろうかとも思う。
彼の告白から全てが始まったとはいえ、元々がヘタレ過ぎるんだよね。
18歳のヒューゴと12歳の自分、どっちがヒロインの年齢に近いんだよ。
無理やりにでも仲間になればよかったんじゃないの?

展開は結構面白かった(んかい)けど、彼の魅力はよくわからなかった。
スチルは今まで見た中で1番綺麗だった。

阿部さんは本当に柔らかく柔らかく演じられていたなぁ。
ヘタレなんだけど、ヘタレに見えない何かがあったように思うw

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

最新記事

最新コメント

ただいまプレイちう。

最近やったゲーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR