あいさつはいつでも

++ ゲームとワタシ。あとイロイロ ++

八神 感想(プリンス オブ ストライド・6)

プリンス・オブ・ストライド

りっくんのENDを見てコンプ。

『プリスト』すっげー楽しかったです。
筋道1本だし誤字も脱字もかーなーりあったりもしたけれども
試合なんて結局選択肢選んで終わりだったけれども(スキップ機能は便利だった)
「ストライド」という競技に賭ける高校生たちの熱い思いが伝わってきて
彼らのアオハルに声援を送った、そんな気持ちになりました。
ライバル校の選手たちも描写は少ないものの面白いキャラも多く
やりようによったら(テニプリやコルダのように)派生ゲームとして出せそうな感じでした。
あと、ヒロインが好感度高かったのもよかったかな。
彼女自身もストライドバカなので色恋は極端に鈍いですが
やるべきことをやり、順番を間違えないあたりいい子だなーと思えました。
(後日談CD聞いてますが、花澤ボイスのヒロインが可愛くて仕方ないww)

脳筋系キャラを演じるDさまの声が好きなのでw ヒースがイチオシですが
それぞれがそれぞれにいい感じでした…苦手な王子様系もショタ系先輩もよかった。
個人的…というか年齢的におじさま世代の敬ちゃんこと興津キャラを攻略したかったw

根がおっさんなので、どちらかというと攻略対象寄りのモブ目線でプレイしているので
乙女ゲープレイしてても糖度爆発とか、恋愛脳とか苦手だったりもするし
ご無体な展開のも多くて、最近はコンプする前に挫折の日々だったんですけれども
2019年の締めをこの作品で終えられてよかったです。
来年も『ニーア』を挟みながら、ちびちび乙女ゲーもプレイしていこうと思います。

ブログ移転などもありましたが、今年もお世話になりました。
2020年もよろしくお願いいたします。

以下、りっくん雑感。



全員を攻略するとライバルである「走るサイボーグ」八神巴の
傷ついた心が癒されていく仕様になっていて、上手い作りだなぁ…と感じました。
(そこいらの櫻井くんの演技も絶品だったりする)

・八神 陸
ヒロインと同じクラスの1年生。ヒロインに一目惚れして助っ人として入部してきた。
8歳の時にストライドのプレパーティで藤原とヒロインに出会っているが覚えていない。

天才と呼ばれた兄・巴と比較されるのを厭い、ストライドを止め兄とも疎遠になっていた。
兄の影を振り払いたく「ヒロインのため」にストライドを再開したものの
時に不満が口を突いたり、悩みで思うように動けなかったり。

「自分にとってのストライドとは?」ということをずーっと考え続けて
少しずつ答えを出して、「兄ともう1度走りたい」にたどり着くさまがアオハルです。
自分の思いや考えを上手く表現できずずっとモヤモヤしてるんですがw
ものすごく素直な子でもあるので、ヒロインにちゃんと相談できるんですよね。
ヒロインも直接的な助言は出来なくても、じっくり話を聞き続けてくれる。
カッコよく決められない、どっちかってーとヒロインのがしっかりしてる感じですけどw
少年マンガに出て来る展開というか、最終戦の兄と共にゴールを目指すシーンまで
実に爽やかに終わりました。
好意がありあり見えるので5度振るのも心痛みましたが💦 彼を最後にしてよかった。

あと、ライバル校である西星学園の子たちが協力者として出て来るのですが
同じ「出来のいい兄」を持つ遊馬の手の差し伸べ方もよかったな。

なんてーか…一応キャラは16歳同士なんですけど
キスシーンの息の入れようが1番臨場感あったよなw


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

comment

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Twitter

最新記事

最新コメント

ただいまプレイちう。

最近やったゲーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR