キース 感想(アイリス魔法学園・2)

キースのENDを見ました。

いやぁ、1字1句ブレのない完全な「(なろう小説に出て来るような)乙女ゲー」でした。
ヒロインの性格や反応、物語の展開、過程飛ばしまくり(ヲイ)などなど
かつてプレイしたかのような正統派乙女ゲーを今プレイ出来るなんて
なんて素晴らしい(本気で褒めています)
全5章、1章10分くらいで読める文章量、絵も綺麗だしフルボイスだし
システムが全然ダメw なことや、BAD ENDが割とバッサリ行くこと含めて
いいリハビリになりました、興津ボイスはよかったわ…。

任天堂さん「使わなくても半年に1度は内臓バッテリーの為に充電してね」
…のアドバイスを聞き、2ヶ月に1度は手持ちのハードを充電していますが
家族のPSPのバッテリーが膨らみ本体破損したのを見たり
友人やTwitter相互さまのVitaバッテリー問題を見聞きして
予備機を持ってるからといって慢心せず崩していこうかなと💦

今までは1度触れたらもうイヤーッ!!ってなるまではゴリゴリやってたんですけど
ノリきれず何となくで中断してるゲームが今年はあるよなぁ…。
家に引きこもりすぎてダラダラしてるのがいけないんだな、萌え心も復活しないし。

以下、キース雑感


元アプリだからか本体音量をMAXにしても声が聞きづらいし
元々の音量自体が小さいのでお気を付けください。

・キース ナイト
keith
ヒロインの古書店に訪れた不愛想な客。
文武際立つISW伝説の元生徒会長であり、帝国騎士隊の指揮官。
1年限定でISWの教壇に立っている。
ヒロインの才能に気付き、入学を進めるどころか
彼女の学費まで支払っていた。

無表情でとっつきにくく、ヒロインが彼に絡んでは撃沈していくさまを
(あぁ…これ、よくあるやつ…)とか思いながら見てましたw
部屋が汚いとか猫が苦手で近づかれると気絶するとか実は甘党とか
「乙女ゲームギャップあるある」をいくつも踏んでいくわけですが。

国に裏切られた祖父の復讐、両親に捨てられた設定や
周囲に「キースに恋してる」と言われまくるのも
突然ヒロインが彼を好きだと自覚するのも、彼が初対面から好感度MAXなのも
マティアス√より面白かったけど、そんなことはどうでもよくて(ヲイ
ただただ、興津ボイスのトーンで彼女との距離がわかること
15歳、18歳、28歳の年齢の違いが声でわかること、ここ全てですww

ハッピーENDの方は帝国騎士学院にヒロインが入学するところで終わりましたが
あんなに「人を愛すことがわからない」と言っていた彼、デロッデロじゃないスか。
びっくりしましたわ…部下のいる前でキスの嵐ですか。

キースは学園の教師ってことで、試験のペア組は斎賀ボイスのアシュレイとですが
女性キャラの彼女とのEND未満(頬にキス)スチルはここにあります。
個人的に彼女ともっと仲良くなりたかったわ(イロコイ抜きでね)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
最新記事
最新コメント
ただいまプレイちう。


最近やったゲーム


リンク
カテゴリ
MHR (1)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR