++ ゲームとワタシ。あとイロイロ ++

ダラダラやってるゲーム感想、たま~に雑談。

ニコラ 感想(ピオフィオーレの晩鐘・2)

ニコラのENDを見ました。

イタリア語が飛び交う『ピオフィオーレの晩鐘』。
マフィアのボスのこともカポと呼んでたりするのに
何故2番手がアンダーボスなんだろうと不思議に思ってます。
ここはエレ・カポと呼べばいいんじゃないの?
何故に英語表記なの?
どうせならもうカポじゃなくボスでもよくね?
そんなことを思いながらプレイしています。

それにしても…勝手に楊→ニコラの順で人気があるんだと思っていました。
ヤンデレ、ヤンデル、人気じゃないですか(…多分)
ダンテとかああいう堅物従来人気ないじゃないですか(偏見)
だもんで、公式の人気投票見て驚きました。
そしてニコラ√プレイして「あぁ…そういうことか」と納得しました。
オトメイト、変わりたいのか変わりたくないのか。

以下、ニコラ雑感(辛口です)




どこまでおまいう展開になるのか笑えて仕方なかった💦

・ニコラ フランチェスカ
ファルツォーネファミリーのセカンド。
一見微笑みを絶やさないナンパだが、くせ者。
ファミリーの対外関係の仕事をしている。

彼のメインテーマは「ファミリーへの裏切りと真相」だったと思うんですけど
メインテーマが必要ないルートでしたww
おそらく1番描きたかったのはファミリー(ダンテ)より愛(リリィ)を選び
彼女に危害を加える正義厨STKをぶっ殺すシーンだったとは思いますが
だからといってファミリーを裏切る理由が綿あめのようにフワフワだなんて💦
あと裏切りで粛清受けた部下を生かしておいたことで
「おまいう案件」になってしまったのもイタイ。
命を奪って、あとで家族を生涯保護する方がまだ違和感が残らなかった気もします。

あとこの√のヒロインが年の割に大層お子様で
途中からひらがな喋りしてるのかと思うほど(~_~;)
どこに行っても「ニコラが」「ニコラは」「にこらの」「にこら」と
本当に彼のことしか頭にないお花畑な恋愛脳で、たまーにカッコいいこと言っても
それが芯の強さに見えず考えなしで言ってるようにしか見えないのもつらい。
そんな彼女に感化されてか「不殺」だの「どうせ僕は殺されるんだ」だの
(ファミリー裏切ってんだから当たり前だろうが…覚悟もせずに出ていったのか?)
グルグルしてるのも本当にウザかったです(ヲイ

残虐行為を表に出してきた画期的な作品だそうですが
その行為を無にするくらいならダンテ√程度の描写に済ませておくべきだし
(残虐行為を直接行使しなくてもいい役職なので)
従来のオトメイト仕様のヒロインを宛がうべきではなかったのでは?
一時のRejetだったらヒロインの嘆願など関係なしに
綺麗に残虐やってくれてるのにね…と思いました。

エピローグが朝チュンだったんですけど、マジお前ら勝手にやっとけとw
「(激しすぎて)これ以上は死んじゃう…」……あぁ、そうですか。

良平くんは本当に上手くて、それだけが救いでした。
あと渾身のSTK銃撃シーンのスチルは本当によかった。
こんな展開で使われてしまったの勿体ないと思いました。


スポンサーサイト



  1. 2019/11/14(木) 23:59:00|
  2. ピオフィオーレの晩鐘
  3. | コメント:0
<<オルロック 感想(ピオフィオーレの晩鐘・3) | ホーム | ダンテ 感想(ピオフィオーレの晩鐘・1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する