ロウ 感想(悠久のティアブレイド・4)

2021.03.13 20:33|悠久のティアブレイド
ロウのENDを見ました。

いや、ブログのタイトルがね?

ブログを始める時から10代に聞いてたバンドの曲名にしようと思って
またゲームブログとはわかりにくい形にしようとも思っていて
まぁ「あいさつはいつでも」というバービーボーイズの曲名にしてたのですが
平仮名で文字数も少ないとタイトルがバーン!と大きく出るのが気になって
色々と考えてとりあえずこんな感じになっています。
(リンクしていただいている方には申し訳ないので旧タイトルも併記しています)
ふつーにゲーム日記とかでもいいのかもしれないけど
ゲーム記事じゃない時はどう?CDとか映画とかイベントとかも記事あげるよね?
…というメンドクサイ自分が色々とモノ申すので💦
名前をあげるのが恥ずかしくなくなるまで色々と試行錯誤すると思います。
恥ずかしいタイトルをあげているんだと想像すると恥ずかしくてたまらない
一種の共感性羞恥の人間のモノ申すことだと生温かい目で見ていただければ。

…てことで、『悠久のティアブレイド』
一応ここまでって思っていたロウ√で一旦の区切りとすることにしました。
色々謎は残ったままなんだけど、ワタシ自身が柔軟な頭になれないせいです。
今のままだとAIと人間の種族?違い恋愛は無理ってことなんでしょうけど
獣人とか異形はOKで何故AIはダメなのか?と言われるとそうなんですけどw

シュド√でもあげたようにロボットやナノマシン、クオンタム・サーキットetc.
SF要素に力を入れた乙女ゲーには珍しい作品だったと思います。
それをあのオトメイトが出した、っていう1点がもうすごいw
(今度そのような作品が出て来るとも思えないw)
その分、恋愛色は薄め…というか
「キス出来るほどの感情にいつなった?」って思えるくらい
信頼>恋愛が重視されていたようにも思うけどまぁいいか。
攻略後半になるにしたがってナノマシン万能になってしまい
「あれもこれもナノマシンのおかげ」になってたのもまぁいいよww
色々ツッコミたい部分もあるけれど(クレイドル+真相√をやっていないので)
疑問が疑問を呼んでえらいことになっているから、これもいいや。

3000年に及ぶ敵味方入り乱れた登場人物を恋愛物語までに高めた手腕はすごいし
内容も読みごたえがあるものでした。
サブキャラも魅力的な人物が多く
ギルやカーマイン、ラスボスのアルカディアはFDで攻略対象になっているのでは?
絵もとても綺麗でおまけスチルとか「ほぅ…」となりました。

以下、ロウ雑感。

続きを読む >>

スポンサーサイト



02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

最新記事

最新コメント

ただいまプレイちう。



最近やったゲーム



リンク

カテゴリ

MHR (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR