あいさつはいつでも

++ ゲームとワタシ。あとイロイロ ++

光森 壱哉 感想 -追記アリ- (VARIABLE BARRICADE・1)

VARIABLE BARRICADE

壱哉のENDを見ました。

今更のようにPSPソフトを買っております。
ぶっちゃけ「興味はあるけど推しではなさそう」ってのは
乙女ゲーの発売数が多かった当時は金銭的に余裕がなくて買えなかったので
今更になって買ってるという。
どうしてかわかりませんが、オススメゲーばかりが残っていると
何故か早くプレイしなければ…と焦って、息苦しくなるんですよね💦
そうして出来た積みが120本越え(明るい笑顔)
ワタシ、絶対に老後もゲームやってる。
PSPもVitaも予備機持ってるしね!(使わないまま壊れてたらどうしよう)

…ってことで、1人目クリアするまで1ヶ月もかかっている
『VARIABLE BARRICADE』の1周目の雑感など。

財閥の御令嬢であるヒロインは政略結婚を回避するため
祖父が選んだ4人の男性と同居し
その中の1人を恋愛相手として選ばなければならないことに。
しかもその4人は「結婚詐欺」「ギャンブル狂」「ヒモ」「歩く借金製造機」と
いわくつきの物件ばかり。
誰も選びたくないヒロインの巨大なガードをぶち壊してくれるのは誰か?
…みたいな内容ですね。

「逆攻略系恋愛ADV」とあるように
ヒロインが訳あり攻略対象をカウンセリングして恋仲になるわけではなく
訳ありヒロインを訳あり攻略対象が強制カウンセリングして恋仲になる作品で
シンデレラや白雪姫のような童話を女性視点から見たような感じです。
攻略対象は4人、恋愛&Another ENDの他にいくつかBAD ENDが入っています。

選択肢も少なく、一応フローチャート式ですがあまり意味を成してない気がします。
フローチャート以外のイベントを拾う目的として
RABIというロボットを周回させてイベント&スチルを回収すること
WISHというSNSでイベントの補足を見ることが出来ますが
細かくチャート分岐されてる分、読み進めるのに時間がかかるのに
合間合間にこれが挟まると無駄なロード時間が多くて、マジで時間取られます。
(過去プレイした作品と同じだけの時間をかけても、1人攻略に時間がかかったのは
このスタイルに苦戦していたからです)
いわたさんチームの作品プレイしたのは『無印ワンド』のみなんですが
プレイ時間が嵩むのはデフォなんでしょうかね…。

ヒロイン視点の物語であるのに、ヒロインが攻略される「訳あり」なもんだから
あらゆる乙女ゲーの攻略対象のトラウマ全て纏めたような
まぁ、ぶっちゃけ皆さんとても面倒な性格をしていますww
特にヒロインに関しては
童話をモチーフにしていたロゼゲーをプレイされた方なら
「このヒロイン、ロゼゲのと似てる」と思われるかもしれませんね。
マジ、メンドイです。

システムはオトメイト仕様ですが
チャート・RABI・WISHとページを切り替える分、ここでも面倒かな?
薄葉カゲローさんがスチル全て手掛けておられるので(色彩含む)
スチルや立ち絵は美麗この上なく、絵の崩れはありません。
中の人はキャスト変更とかありましたが、皆イメージに合った方々ばかりでした。

諸事情でVita最後の乙女ゲーとなってしまった『バリバリ』の
イチヤ雑感。


スポンサーサイト



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Twitter

最新記事

最新コメント

ただいまプレイちう。

最近やったゲーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR