++ ゲームとワタシ。あとイロイロ ++

ダラダラやってるゲーム感想、たま~に雑談。

ダンテ 感想(ピオフィオーレの晩鐘・1)

ダンテのENDを見ました。

PS4で『APEX』をプレイする家族のおかげで『MHW:IB』が進んでいません。
一家に1台しかありませんからねPS4w
『P5R』も『十三機兵防衛圏』も待っているのに、いつイャンガルルガに会えるのか。

先月の体調不良は「突発性難聴」「右前虫歯」「喉頭炎」
「右頭部に脂肪の塊」「謎の左足薬指炎症」で終わりました。
頭痛と足指の痛み以外は何とか落ち着いている状態で、アレ何なんだって思います。
大殺界か何かなんでしょうかね…体の悪い部分出し尽くしてくれたのなら僥倖ですが。

…てことで、『ピオフィオーレの晩鐘』1周目終わっての雑感など。

時は、20世紀初頭。舞台は、第一次世界大戦直後の南イタリア『ブルローネ』。
この街を支配するのは、ブルローネ・マフィアと呼ばれる3つの組織。
ブルローネで静かに暮らす主人公『リリアーナ』は、とある事件をきっかけに
いずれかの組織へと身を寄せることとなる。なぜ彼女が狙われるのか。
なぜ彼女は求められるのか。 期せずして鍵を握る存在となった『リリアーナ』は
非日常へと巻き込まれていく――。(ゲーム紹介ママ)

攻略対象は5人、ENDは2つであちこちにBAD ENDが散りばめられているらしい。
攻略キャラ以外の「一方その頃〇〇は~」みたいなイベントを挟み込む以外は
おおよそベーシックな作りのオトメイトのゲームだと思います。
絵も綺麗、中の人も良し、ただ立花さん…勿体なくない?

従来のオトメイト要素(登場人物が少年少女のような言動、ゆるふわな展開)はありますが
キャラ絵付きのサブや攻略対象がガンガン殺されたり
ヒロインが卑屈じゃないのと、大人向けの話を展開しようとしてて
なかなかしっかりした作りではないのかな、とも思います。
まぁ、マフィア映画とかからしたら全然だと思いますけど、乙女ゲームだから!ww
でも『デスコネ』よりマフィアして…ゲフンゲフン

1つが売れたら波状攻撃とばかりに乱発しまくって自滅していくコンテンツ
特に女性向けでそういうのを沢山みてきて
手間がかかるからとシナリオおざなりで絵や声だけ推してみたり
アプリと同じような軽さを狙う…という目先だけでやり続けた結果
(絵や声だけで買ってしまうワタシみたいなのも悪い)
乙女ゲー業界全体が沈んでいくということになりかねなくて
こういう手間のかかる部分を頑張っている作品がもっと早くに出ていたら…
と、思わずにはいられません。

さっき過去記事漁っていたらノブリン『デスコネ』にも出ていたねw

以下、ダンテ雑感。



...続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/11/09(土) 17:20:00|
  2. ピオフィオーレの晩鐘
  3. | コメント:0