黛 汐音 感想(VARIABLE BARRICADE・4)

汐音のENDを見ました。

終わったー!! まだTRUE END見てないけどとりあえず終わったー!!

話もよく出来ているし、展開に破たんもなくおかしな部分もない。
描写も丁寧だし、登場キャラの心情にも違和感がない。
絵はもちろん美麗だし、中の人の演技だってよい。
なのに4人の攻略に2ヶ月もかかったのはひとえに
「メンドクサイ」。これに尽きました💦

ヒロインは「名家の跡取りにふさわしい高潔なお嬢様」として育て上げられ
そうしつけた執事以外を基本信用せず、彼に全て依存しきっている少女。
自己肯定力が限りなく低いために人の意見に思い切り左右される面があり
かといって「完璧な恋愛」「完璧な結婚」を夢見るかーなーりイタイ子でもあります。
乙女ゲーでは珍しい顔付き、声付きですが
中の人の演技あってこそ「可愛いヒロイン」に成り得たのだと思います。
自己投影派のプレイヤーだと拒絶反応の方が強く出そうな、そんな感じです。

一方、攻略対象&サブキャラもかなりクセがあるか同じようにイタイ人たちで
彼らの性格などもキチンと表現されていて齟齬はないのにやはりどこか「メンドクサイ」。
面白くないわけじゃないんです…面白くなければ1周目で放置してましたからw
登場人物の言動もゲーム内でちゃんと理解できるし、納得も出来ているのに
そこに至るまでのアレコレが遠回りしすぎて「メンドクサイ」んです💦
エンディングに至るまでに敢えて話の筋を逸らしてるように見えてしまう分余計に。
テンポよくコメディとして進められればまた違ったのでしょうが
丁寧な描写が災いしたのか、かなり読み進めるのに時間がかかりました。

ヒロインの頑なな殻をこじ開け、自分らしさを取り戻させたシオンこそが
本来の乙女ゲーのメインヒーローであってもいいはずなのに
メンタル豆腐以下な分、ヒロインより性質が悪いw イチヤをメインに持ってきて
すったもんだしつつも恋物語として成立させてしまったのは
このチームの腕の見せどころだったのだと思っています。
この√がアリかナシかで、この作品自体の評価が決まってしまいそうですけどね。

1番面白いと思ったのがナユタ√、タイガのキャラが1番(まともで)好きでした。
でも追加要素(美麗スチルも増えます)アリのSwich版を買うことは…ないかな?💦
面白いけど同じくらいメンドクサイってのは、ワタシには高難度です。
あと、個人的には思い切り感想が呟きにくいゲームでした。
ブログなどの感想を上げようと思うと、あらすじをなぞるようにしかあげられず
瞬間的に「これだ!」「これだけは言いたい!!」ってのが出来ませんでした。

以下、シオン雑感。

スポンサーサイト



八神 那由太 感想(VARIABLE BARRICADE・3)

那由太のENDを見ました。

PSPもVitaも現行機として使えているので、そちらばかりでプレイしていますが
そろそろ…ねぇ、そろそろSwich Liteの箱を開けなければ…。
ターコイズブルーの本体を予約して買って周辺機器を揃えてから
ソフトを数本購入したんですけど、段ボールから出したものの箱開けてない💦
もう半年くらい経ちますよね…次は初Swichゲーとしゃれ込むか。
『FE風花雪月』(そういや声優アワード、中の人たち受賞してなかったけ)
『アストラルチェイン』『オクトパストラベラー』などを
一般ゲーでは所望しとります。
この間古いソフトを大量購入したので、更に罪増やすの躊躇してますけどね。
もしプレイすることになっても手持ちの乙女ゲーやってると思います。

ゲームしたいって気持ちがあるのに時間がない、っての
この頃特に思っています。
「精神と時の部屋」が欲しいです…(FF7R体験版もまだやってないよ!)

以下、ナユタ雑感。






石動 大我 感想 -追記アリ-(VARIABLE BARRICADE・2)

大我のENDを見ました。

去年の11月あたりからワタシにすれば勢いよく乙女ゲーを消化していましたが
ここに至ってえらく停滞しとります。
バリバリ、はかどらない…ww
合わないわけではない、KSではもちろんない、面白くプレイしている。
展開上の矛盾とか歯抜けとかご都合主義とか、そういうのもない。
なのにこまめにインターバルが欲しくなる。
登場人物がけっこうクセが強い分、恋に至る過程をじっくり描いているせいか
はたまたオチにいたるまでにわざとはぐらかすEp.を入れているせいか
「わざと」っぷりにオイオイと思ったり、テンポよくないなーと感じたり
そういうのが引っかかって時間かかってるのかなーと。

でも上記にもあるように面白くないことないんですよ。
コンプしようと思っているくらいには楽しめているし
乙女業界の現状も踏まえてか、シナリオもよく出来ていると思います。
ただ、描き込みすぎて重いことを良しとするかどうかなのかなと。

2周目でこれ言うのも何ですけど、イチヤはラスト推奨ですねww
タイガ、シオンといった「気配り・目配りが出来る」キャラを
序盤に持って行った方が楽しめる気がします。

以下、タイガ雑感。

光森 壱哉 感想 -追記アリ- (VARIABLE BARRICADE・1)

壱哉のENDを見ました。

今更のようにPSPソフトを買っております。
ぶっちゃけ「興味はあるけど推しではなさそう」ってのは
乙女ゲーの発売数が多かった当時は金銭的に余裕がなくて買えなかったので
今更になって買ってるという。
どうしてかわかりませんが、オススメゲーばかりが残っていると
何故か早くプレイしなければ…と焦って、息苦しくなるんですよね💦
そうして出来た積みが120本越え(明るい笑顔)
ワタシ、絶対に老後もゲームやってる。
PSPもVitaも予備機持ってるしね!(使わないまま壊れてたらどうしよう)

…ってことで、1人目クリアするまで1ヶ月もかかっている
『VARIABLE BARRICADE』の1周目の雑感など。

財閥の御令嬢であるヒロインは政略結婚を回避するため
祖父が選んだ4人の男性と同居し
その中の1人を恋愛相手として選ばなければならないことに。
しかもその4人は「結婚詐欺」「ギャンブル狂」「ヒモ」「歩く借金製造機」と
いわくつきの物件ばかり。
誰も選びたくないヒロインの巨大なガードをぶち壊してくれるのは誰か?
…みたいな内容ですね。

「逆攻略系恋愛ADV」とあるように
ヒロインが訳あり攻略対象をカウンセリングして恋仲になるわけではなく
訳ありヒロインを訳あり攻略対象が強制カウンセリングして恋仲になる作品で
シンデレラや白雪姫のような童話を女性視点から見たような感じです。
攻略対象は4人、恋愛&Another ENDの他にいくつかBAD ENDが入っています。

選択肢も少なく、一応フローチャート式ですがあまり意味を成してない気がします。
フローチャート以外のイベントを拾う目的として
RABIというロボットを周回させてイベント&スチルを回収すること
WISHというSNSでイベントの補足を見ることが出来ますが
細かくチャート分岐されてる分、読み進めるのに時間がかかるのに
合間合間にこれが挟まると無駄なロード時間が多くて、マジで時間取られます。
(過去プレイした作品と同じだけの時間をかけても、1人攻略に時間がかかったのは
このスタイルに苦戦していたからです)
いわたさんチームの作品プレイしたのは『無印ワンド』のみなんですが
プレイ時間が嵩むのはデフォなんでしょうかね…。

ヒロイン視点の物語であるのに、ヒロインが攻略される「訳あり」なもんだから
あらゆる乙女ゲーの攻略対象のトラウマ全て纏めたような
まぁ、ぶっちゃけ皆さんとても面倒な性格をしていますww
特にヒロインに関しては
童話をモチーフにしていたロゼゲーをプレイされた方なら
「このヒロイン、ロゼゲのと似てる」と思われるかもしれませんね。
マジ、メンドイです。

システムはオトメイト仕様ですが
チャート・RABI・WISHとページを切り替える分、ここでも面倒かな?
薄葉カゲローさんがスチル全て手掛けておられるので(色彩含む)
スチルや立ち絵は美麗この上なく、絵の崩れはありません。
中の人はキャスト変更とかありましたが、皆イメージに合った方々ばかりでした。

諸事情でVita最後の乙女ゲーとなってしまった『バリバリ』の
イチヤ雑感。


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

最新記事

最新コメント

ただいまプレイちう。

最近やったゲーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
▲ top