セブンスドラゴンIII code:VFD 雑感

クリア。
クリア後の裏ルートは相変わらずあるようだけれどもキニシナイww

前作『セブンスドラゴン2020-Ⅱ』は7年前にクリアしたようですが
「ドラゴンをただただ狩る」だけのプレイしててしんどかった思い出しかなくて
その印象が強かったから発売されて5年も放置してたんだと思います。
2作目発売前にきっちり1作目プレイして、しかも1作目は褒めてたもんなw

前作から80年後の東京。謎の病「竜班病」が蔓延する中
「竜を狩る者」として選ばれた主人公が過去・未来の竜の検体を集め
本来ならば人間を全滅させ自らがドラゴンとなって新たな世界を作るところを拒否し
最終的に自らの分身?でもある7番目のドラゴン「VFD」に完全勝利し
「竜と人間が隔絶された世界」を望んだため
やっと竜の脅威に怯えることのない世界を再構築することが出来た…という感じ。

エンカウント率は相変わらず高いものの「やたらドラゴンだけがいる」状態ではなく
割とバランスよくエネミーが出てきた感じがします…ドラゴン400匹はいたと思うけどw
1、2作目のキャラのその後みたいなのも描かれ(こちとら覚えてませんでしたが💦)
名前付きキャラにもそれなりの物語が用意されていました。
ストーリーも「竜と人間が隔絶された世界」の
過去アトランティスと未来エデンはどうなったのかってのは描かれていないので
(もしかしたら裏ストーリーにはあるのかもしれないが)
そこらへんはまぁ…ですが、3部作として上手く纏められていたように思いました。

「13班」と呼ばれるマイチームは3×3チーム、最高15人のキャラメイクが出来
男女キャラ16×色変え3つ、役職8つ、中の人40人を好きに組み合わせられるんですが
最初、中盤、後半で役職やキャラ造形が増えるので好きな造形や役職が後半にきたら
Lv.上げが間に合わない、結局最初の3キャラで押し通すしか方策なかったのが
今回やっと前衛と呼ばれるキャラのボーナスを中衛・後衛も貰えることで
同じくらいのLv.の(最低)9人、3チームが作れるようになり
しかもチーム分断戦があることで、使わないままにならないように変わってて
これはとってもありがたかったです。
ボイスは前作と半分くらい交代していましたし
名前付きキャラを演じてる方も多々いらっしゃるので、もしプレイされる場合
声被りしたくないのでしたらWikiなどをみて対策を練られた方がよいかとw

ちなみにウチのチームは
前衛:ゴッドハンド(日笠さん)×エージェント(中村さん)×ルーンナイト(のぶりん)
中盤:サムライ(杉田さん)×デュエリスト(ケイジ)×フォーチュナー(内山くん)
後衛:バニッシャー(明夫さん)×エージェント(金元さん)×メイジ(カイトくん)
…これで最終戦臨みましたが、1番Lv.低いはずの後衛が最終ボスと当たってしまったものの
おそろしい高火力でわずか4ターンでラスボス沈めましたww
明夫さんの声カッコいいんですわ…それでカイトくんも地声が本当にいい。
あと日笠さん、中村さん、杉田さんは初回からずっと使ってるの覚えてたんですが
ワタシ、過去記事読んでたらのぶりんも初回から使ってるのねww
高圧的だけどいい青年具合でこういうトーン好きだわ…と思った次第。

セブンスドラゴンというのはラウンジで3度デートすれば甘い時間が楽しめる
デートタイムがあるのですが(NL、GL、BL何でもあれですw)
今回は共に戦うメンバー以外の主要キャラとそういう仲になっとりました。
部屋に連れ込まれ(または連れ込み)、もうそういう雰囲気じゃないか
暗転のち、いかにも事後だろーみたいな空気を醸し出す2人、いいのか未成年いるぞw
1番エロスだったのがオネエ系のジュリエッタ(ヒゲヅラ・中の人ケイジ)が暗転後
仕事机に2人座った状態で、お前たち一体どこで!?となったのがいい思い出ですw

5年も前の作品なので、運昇ちゃんもケイジもこの作品で声が聞けて
あぁ…こんなにも生き生きした声が聞けているのに、現実にはもういらっしゃらない
という、楽しいのに寂しいという切ない時間を味わいました。
運昇ちゃんは最後のゲームご出演作である『GOD EATER3』をプレイしてて
ある程度は納得出来てたんですが、ケイジ…今もアイアンマンのTVCMで声聞けるじゃないですか。
ゲーム最後のご出演作の『FF7R』まだプレイしてないじゃないですか。
改めて「いない」ことを突き付けられたように感じました。

スポンサーサイト



5年越しで暗夜へ (FEif 暗夜王国・1)

クリアしました。

暗夜はLv.上げがない分、難しいと聞いてましたけど本当に戦闘部分だけでしたね。
内容はおそらく白夜の方がまだマシだったかも…と思います。
(白夜感想はコチラコチラ
暗夜も白夜も4兄妹が主人公盲愛なのも、どちらとも血が繋がっていないチート的存在なのも
周り(暗夜の場合レオン)や敵の自刃により自らの手を汚さないのも
マイキャッスル、秘境という飛び道具があることも
(覚醒は「過去を変えるべく未来から子世代が来るという大義名分がまだあったよw)
ライト感覚というかそれはそれで悪くないんだろうけど、もう少し何とかならんかったか…。

実の兄妹のいる(後で血が繋がっていないと発覚)白夜か、育ての兄妹のいる暗夜か
どっちを選ぶってなルート分けも分割商法だったのだから
それなりな理由を付けて物語の導入部に出来たはずだろうに、無理くりすぎるでしょ…。
ナデナデやご褒美キスやお風呂でドッキリを人数分入れるくらいなら
もっと他にやるべき部分はあったように思います(白夜感想でも言ったけど)

フェニックス(EASY)でプレイするのがどうも…な人間なので
25章まで何とかカジュアル(NORMAL)でやってきましたが
最初からフェニックスで「婚活ゲー」だと思えば支援会話とか楽しかったかもしれません。

以下、キャラ雑感。

27章完結なのを37章と勘違いしていたばっかりに好感度上げをほぼやらず
何とか主人公とマークスを結婚させられたものの他全滅させたワタクシw
マークス兄さま、FEHとかもうネタキャラなんだけどww
そんでもって、いつも眉間に皺寄せたお堅い男なのに言う時は言うのね。
「その髪も肌も私のモノだ(眉間皺寄ってるけど)」とか言った日にゃあ
「お前が!?(それ言う?)」と思ってしまいましたけどね(眉間皺寄ってるけど)

スズカゼは重装の敵が多い白夜では足引っ張ってましたけど💦
暗夜は敵が軽装なので上位職極めました…かなり使い勝手良かった。
白夜での夫だったので「生まれ変わったら前世での夫は敵軍にいました」
「前世で夫だった男が私のために寝返って部下になったんですけど?」みたいな
なろう小説風タイトル付けて楽しんでましたw
色々と結婚等めんどくさかったのでスズカゼと再婚でもよかったのですが
暗夜での最愛ロールパンナ(エリーゼ)の夫にどうかと思いつつ挫折しました。

エルフィとブノワの重装コンビに盾役をさせていたので戦闘はだいぶ楽でした。
エルフィは最前線キャラなので好感度も上がりやすく
「妹の部下が無自覚に逆ハー作るのを生暖かく見ています」みたいな
なろう小説風タイトル付けて楽しんでいましたが
10章ほど勘違いしていたせいでどれも結婚に至らず💦
ブノワかゼロと一緒にさせてやろうかな…とか思ってたんですけどね。

白夜での嫁、オボロが「タクミ様に…告白すればよかった…」と言って亡くなったので
「あのKS男はどうかと思うが、幸せになって欲しかった!」と思ったり
タクミがどれだけツンデレなのかは暗夜でないとわからなかったり
(人気のある理由がわかったが、彼よりレオンのがカッコいいと思う)

とりあえず…うん、もうちょっと何とかならなかったのかな?ですよね💦
透夜√に行くのが1番正しい道だと思いはするけど
それを買ってまでやろうとは思わないかな?💦
『FE風花雪月』のが面白そうだったりもしますしね。
でも、N3DSの機能いっぱい使ってのムービーや絵は綺麗だったと思います。
岩田さんのクレジットを最後に見て、何とも言えない思いがしました。



ASTRAL CHAIN 雑感

一般ゲー、特に攻略に時間がかかる系は攻略の途中記事をあげているんだけど
今回はそういうのもなく、クリア後にまとめとして記事をあげてみる。

神喰い系…というか、スピード感を重視したようなACTゲーは
女性でも割とプレイしやすいし(ガチ系は軽い気持ちで出来ないので)
A/RPGより好きな方ではあるんだけど、なんてーか『アストラルチェイン』は
ACTゲーじゃなかったw むしろ各ステージのギミックを解くAVGだった。

アストラル界の侵略により全世界が存亡の危機にある中
ネウロンという特殊機関の新人である主人公は
アストラル界からの侵略者キメラを飼いならした
レギオンという人外とバディを組むことになる。
戦う毎にレギオンと自分が融合されていき、そして…みたいな感じなんですけど。
(以下、追記にて)


アイスボーンはしんどそう(MHW:IB・1)

『MHW』を最初からやり直してクリア後『MHW:IB』の世界へ。
まだM☆1ww

上手い具合にスキルを付けたら、わりーとラクめに本編はクリアは出来ました。
まぁIBにいってから、ただただモンスター叩くだけになって
面白いよりダルいが勝ってしまっている状態ですが💦

操虫棍のみで進めていますが、今のところは本編と差がなくやっています。
「渾身」スキルが無能になったと噂を聞いてますが
もう最初からないものと思ってやってます(だから叩くだけ)
お邪魔モンスターw のイビルジョーやバゼルギウスがどこまでも追ってきたり
巨大モンスター大乱入戦もIBからだそうですが
「恐竜の世界はそんなもんだったろうな」くらいの感覚でいるしかないですね。
ずっと制限時間との戦いを強いられているようで精神的によくないですw
モンスターが固すぎて武器の成長と合ってない感じがしないでもないです。
IBに入った時点で本編で作った武器防具は使えないからね…。
攻撃力や防御力200は違うもん…素材集めたら強化出来るけど初期の段階で何作れと。

最愛のw イャンガルルガが登場してるんですけど
クエが面白くなくて過去作のように400、500時間とか根詰めてプレイ出来る気がしない💦
「あー無理」ってなるまでプレイは続けますがクリアするかどうかは未定です。
秋だし、甘いもの欲しいので途中で乙女ゲ挟むかもです。





カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

最新記事

最新コメント

ただいまプレイちう。

最近やったゲーム

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
▲ top